« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年8月

笑顔の効用

2010年8月20日(金)


「この間、道ですれ違ったら、ものすごく恐い顔をしていましたよ」

よくむかし、言われた言葉です。


「すぐ感情が顔に出る、わかりやすいヤツ」

ともよく言われます。

意識して、「笑う」

ニヤニヤするのではなく、

心から、思いを込めて
口角上げて、にっこり。


ちょうど、2年ほど前から、参加している

NPO法人団体との月一回の勉強会があります。


ここでは、かなり意識して、笑顔を見せ、
コミュニケーションを図ってみました。

そうしたら、

「その笑顔、いいオーラがでていますよ」
「笑顔にはとても癒されます」
「場の雰囲気を明るくしてくれます」

などなどの、コメントがつぎつぎと。

有難い事です。
ちょっぴり自信も。


その団体の皆さんとは、
とてもいい関係が続いています。


まだ これからなのは、会社。

まだまだ、笑顔がでていないようです。

何故か?

緊張感をもって、仕事に取り組むべし

この信念が残っているようです。


クレームの時など、笑顔を見せたとき、
「ニヤニヤするな!」

などと怒られたこともあり、
緊張状態が続いているのかもしれません。

だから上から目線だ、って言われるのかなぁ。

気をつけます♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お医者さんと握手

2010年8月6日(金)

最近、目の調子が良くない。

老眼だね、って誰でも言う。

てやんでぇ、違う!

とわめいても、

目はかすみ、小さな文字はぼんやりと見えない。

仕方ないので、今日、目医者に行った。


ネットを検索して、評判のよさそうなところを選ぶ。

横浜駅西口を出て、数分。

到着は9時ころ。

9時30分診察スタートなので、ちょうどいいかな?と思い、

入ると、なんと25番目・・・


ファミリーレストランの順番待ちのように、

名前を書いて待つ。


可愛らしい事務員が、名前を呼び、
初診であることを告げると、
ニッコリと微笑み、
問診表とともに
「この書面をお読みくださいね」
と渡してくれた文面

A4で、表裏、そこの院長先生からのメッセージが

これが面白い。


・一部の例外を除いては、視力と眼圧の測定を行っていること

・それは表面上の審査ではなく、責任を持って投薬や処置ができないから

・接遇で不満を感じるかもしれないが、最高の技術で最高の治療をすること
 を最優先で考えている(でも素晴らしい対応でしたけどね)
 でもどうしても気に入らない場合は気軽に医師の変更を言ってください

・待たせて大変申し訳ない。待ち時間の質問については、それぞれの患者さん
 により、まちまちであるため、返答はしていない

・だが推定は可能である。経験上、平均お一人4分のペースですすむ。

・また時折進捗状況を放送する(自分の場合で40分くらい、実際放送で、
 番号を呼んでくれるので、あと何人かが分かる。


傑作が、これ。

『職員には常に笑顔を心がけるよう心がけてはおりますが、みな真面目な
者ばかりですので、少しでも早く仕事をやって患者さんの待ち時間を
減らしてあげたいと頑張っております。
それゆえ、忙しい時間帯になってくると必死になって顔がひきつってきますので、
笑顔がなくなってくることをお許し下さい。
(皆さまもお仕事で経験がおありだと思いますが・・・(笑)』


職員さんに対する、あふれんばかりの愛情が感じられます。


名前が呼ばれました。

診察室に入ります。

「こんにちは」と先に声をかけます。

すると、院長先生が大きな声で「こんにちは」と言いながら、
名刺を私に出すのです。

お医者さんから名刺をもらうのは、初めてでした。


テキパキと診察が進みます。


診察の結果は 老眼と、若干の乱視、遠視


メガネの処方もしてもらいました。

スタッフの動きも、キビキビしていて、
常に笑顔を絶やさない接客 

わずらわしい、メガネの度合わせも
スピーディに、進みます。


全て終了して、最後にもう一度、院長先生へ。

カルテをさっと見て、

「はい!これですべてOKですね!
お大事に!」

と笑顔で、

ぎゅっと握手です。

おもわず両手を握り返してしまいました。

これなら、混むはずだ・・・


素晴らしいです。


自分は一回限りでしたが、
また行きたくなっています(笑)


ヒント

横浜○○ビル眼科医院

天理ビルの近くです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »