« バカヤロウの木 | トップページ | 保冷財なう »

寛容すること

2010年7月13日(火)


ある日テレビをぼんやりと見ていたら、

免疫学者の故・多田富雄さんの闘病する姿が
メモリアル映像という形で、放映されていました。


脳梗塞から、寝たきりとなり、腕もうまく使えず、
ベッド脇に備え付けの、キーボードを押しながら、
インタビューに答えていました。

これからの日本はどのようになるのでしょうか?
との質問に対して、

ともすれば、経済不況
政治も混迷
社会もストレスに満ち溢れた状況

でも、希望を捨ててはいけない

「長い闇の先に希望が見える
寛容の世界が広がっている」

これが、多田さんの、最後のインタビューでの言葉になったそうです。

「寛容」


奥の深い言葉ですね。


白黒はっきりさせるのではなく、
異物を排除するのではなく、
共存していく、考え方。


他人をゆるす
自分をゆるす


寛容という、光かがやく世界。
暗闇の世界の、その先に
我々が進むべき道。

希望の持てる、すばらしいメッセージです。

|

« バカヤロウの木 | トップページ | 保冷財なう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195501/35738839

この記事へのトラックバック一覧です: 寛容すること:

« バカヤロウの木 | トップページ | 保冷財なう »