« ごぼうはエライ! | トップページ | 「文章の達人」になる »

リクライニングシートの倒し方

2010年5月28日(金)

出張で新幹線に乗りました。

席に座って、本や書類を広げます。

その前に行うこと。

リクライニングシートの位置を確認します。

自分はシートは倒しません。

それは、倒さないほうが腰が痛くならないからです。

ただそれだけの事です。

ただし、少々困ることが、時々あります。

前に座った方が、思いっきりシートを倒してくる時です。

こちらはまっすぐなままなので、圧迫感があります。

トイレに行くときも、ひっかかったりします。

これは仕方無いこと、とあきらめるしか、ありません。

今回。

途中の駅で、前の席に乗り込んできました。

ああ、来たな・・

と思っていたら、くるっと後ろの私に振り向き、

「すみません、シートを倒してよろしいですか?」

30代のサラリーマン風の男性です。

「どうぞどうぞ」と答えます。

たった一言、声をかけてもらうだけで、

全然気分が違うものです。

自分も見習わなきゃ。

そういえば・・

昔、夜行バスに乗ったとき。

夜行ですから、皆さん寝るために、シートは限りなく

フラットに倒します。

自分もその時は、倒して、寝る準備をしました。

自分の前が、ヤクザ風の男の人で、

その前の男性が、シートを倒そうとして、それに腹を立てたのか、

シートを倒すな、みたいな事を言って脅されたようです。

可哀想に、その方は、一晩中シート直角状態で、固まっていました。

本当に気の毒としか、いいようがありません。

様々な悲喜劇が、日本各地で起きているのでしょうね。

自分のことだけしか考えずに、他人を思いやる気持ち。

それは、社会全体を明るく、慈愛に満ちたものにさせるのでは?

・・・なんて、大層なことを新幹線の心地よい振動の中で、

考えてしまいました。

|

« ごぼうはエライ! | トップページ | 「文章の達人」になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195501/34922192

この記事へのトラックバック一覧です: リクライニングシートの倒し方:

« ごぼうはエライ! | トップページ | 「文章の達人」になる »