« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

「バーツ・ビーズ」これ、いいですよ

2010年3月31日(水)

ロサンゼルスに行った時、我が家の大黒柱、山の神(配偶者)から

土産に指定されたのがこれ。

100327004

現代版ホームレスのキリストみたいなユニークな顔イラスト

元はアメリカのハチミツ職人さんで、余ったミツロウを

キャンドルにして、近くの小学校に配ったところ、

大好評で、ブランド化されていったらしい。

ミツロウ、ハチミツ、各種ハーブなど

100%に限りなく近い、天然由来の成分を使用している、との事。

日本では百貨店などで販売されていますが、

やはり輸入品なので割高。

そこで、ロスの大型ディスカウントで、買って参りました。

100327001

リップクリーム、ハンドクリーム、せっけん、シャンプー

コンディショナー、ローション類などなど。

種別は100以上あるとか。

リップクリームだけでも10種以上あります。

地元の日本人の方も、一度このリップを使うと

ほかの物は使えない、と言っていましたよ。

100327005

バスソルト。

入浴剤で、とてもいい柑橘系の香りにつつまれて

お風呂を楽しんでいます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花粉症がなおった、かも?

2010年3月29日(月)

春とは名ばかりの、寒い天気がつづいていますね。

花見の予定も、来週に繰越し。

まぁ長期にわたって花見を楽しめそうだから、よしとしましょう。

ところで、

今年の花粉。

まぁ、重症の方も多いようですが、

やや今年は軽めなのかな?

実は私も、かなりハードな花粉症。

毎年、飲み薬と、鼻薬、目薬は切らせません。

が、今年は目薬くらいの使用です。

よく考えてみると、

ひょっとするとですが、

今年の初めから始めた、ある習慣も、効果があるのかも。

① 固く絞った薄いタオル(よく旅館などで出されるタオル)で、

  乾布まさつのように身体全体をごしごしとこする

② 呼吸を意識、腹式で、7.8秒吸い込んで、10秒以上かけて

  口から糸を吐き出すように出す

これを毎朝、出来れば夜、入浴後、繰り返しています。

風邪もひかず、身体も温まり、非常に気持ち良い。

呼吸は、意識して、思い出したら、いつでも、どこでも

行うようにしています。

鼻を洗ったり、謎の呪文をとなえたり、

ありとあらゆる、花粉改善法を試したうえで、出てきたこの二つ。

4月も継続して、身体の変化を確かめてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動のおすそ分け

2010年3月25日(木)

あるメルマガで、不覚にも読んで思わず泣いてしまった記事を

シェアします。

少々長いですが・・

戦後間もないころ、一人の日本女子学生がニューヨークへ留学していました。しかし、彼女は人種差別と栄養失調で精神的な苦痛を受け、肺結核にかかってしまいました。ニューヨークの診療所で「早く手術をしなければ長くもたない。モンロビアで治療を受けなさい」と診断されました。

モンロビアには当時、最高のサナトリウム(療養所)がありましたが、その場所はロサンゼルスから車で数時間もかかる山の中にありました。

貧しい留学生だったため、飛行機に乗るお金はありません。ニューヨークからロサンゼルスまで、5日かけて大陸横断鉄道で行くしか方法はありませんでした。その費用も留学生仲間にカンパをしてもらい、なんとか汽車賃は集まりました。しかし食料が5日分のうち、3日分しか集まらず、もちろん治療代もありませんでした。日本の実家からの「家、田畑をすべて売ってでも治療代を払います」という電報を証明書代わりに、彼女は大陸横断鉄道の特急に乗りこみました。

発熱と嘔吐を繰り返しながらモンロビアに向かいましたが、案の定、3日目に食料が尽きました。なけなしのお金で車掌にジュースを頼みました。車掌は彼女に「あなたは重病のようだね」と声をかけました。「肺結核のためモンロビアのサナトリウムに行きたいんです」と彼女は答えました。「このジュースで元気をつけなさい」と言い車掌はジュースを渡してくれました。

翌日、車掌は彼女にジュースとサンドイッチを手渡しました。「これは私からあなたへのお見舞いだから、飲んで食べて元気を出しなさい。明日の昼にはロサンゼルスに着くからね」と車掌は優しい言葉をかけました。

その日の夕方、突然、車内放送が流れました。「乗客の皆様、この列車に日本人留学生が乗っています。彼女は重病です。ワシントンの鉄道省に連絡をして会議してもらったところ、『モンロビアの駅で臨時停車せよ』との回答がきました。この電車は明日の朝、ロサンゼルスに向かう途中駅のモンロビアに臨時停車いたします。ご了承ください」

その瞬間、車内から一斉に拍手が沸き起こりました。

モンロビアに到着すると、車掌が彼女の荷物を運んでくれ、駅には車椅子を用意した看護婦が待ってくれていました。ざわめく列車を振り返ってみると、窓という窓、1等2等客車のすべての窓が開いて乗客が身を乗り出しています。名刺や自分の連絡先を書いたメモと一緒にドル紙幣を挟んで投げ渡す様子はまるで紙ふぶきが舞っているようでした。
「何かあったら私に手紙を書きなさい」「何かあったら俺のところに電話を掛けてきなさい」「たいしたお金じゃないけど何かの足しにしなさい」「列車の全員が君が治るのを祈っているから大丈夫」
列車に乗っていた人々が、少しでも彼女の役に立ちたいと思っていたのです。彼女は感動のあまり、4・5メートル先の列車が見えなくなる程、涙しました。

その後、3年にも及んだ治療の間、彼女のもとには毎週知らないアメリカ人が見舞いに訪れました。その人たちは皆、あの列車に乗り合わせた乗客でした。退院の日、3年間の莫大な入院費を払おうとしたところ、それも一人の裕福な乗客が、匿名で払ってくれていた後でした。

このように、女性の一命をとりとめることができたのは、鉄道省をはじめ、車掌や乗客の人々が、「自分に取れる最善」を尽くしてくれたからではないでしょうか。

これはまだ第二次世界大戦後、日本が貧しい時代、一方アメリカでは人種差別が行われていた頃の実話です。彼女が肺結核になった原因は、人種差別と栄養失調。しかし、彼女が治療できたのは、人種を超えた人類愛だったのですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新聞を後ろから読む

2010年3月24日(水)

ある方が、書いていました。

「私は新聞を後ろから読む」

あ、同好の士がいる。

私も20年以上も前から、新聞は逆読みです。

そうはいっても、まず見るのは、一面をざっと。

その後はぐるっとひっくり返し、テレビ欄(笑)

そして社会面をざっと流し、

家庭面は見る程度、

地方面も見る程度、

株式面金融面は拾い読み、

スポーツ面もさっと見て、

そして経済面は比較的じっくりと

国際、政治は軽く、

最後は社説と総合面の2,3面でフィニッシュ。

40から50ページある新聞。

後ろから読んでいくと、比較的軽めの記事で

ガンガン読みすすめていけます。

短時間で読む事が出来ます。

一度だまされたと思って試してみてくださいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピラティスで身体と会話する

2010年3月22日(月)

昨日、江戸川区篠崎のコミュニティホールで、ピラティス講座を受けてきました。

読書普及協会の様々なイベントの中の一つ。

素晴らしいエクササイズでした!

身体の普段使っていない部分を、目一杯使った感覚。

背骨、股関節、脊椎、腹筋、肩甲骨などを

深い呼吸を意識しながら、伸ばしたり、緩めたり。

今までこのような身体を動かすイベントに参加したのは

初めてで、正直、最初は会場に入るのに、エネルギーを要しました。

しかし、始めると、勝手知ったるメンバーの皆さんと

和やかに、楽しく参加することが出来ました。

周りは意外と私同様のおじさん(失礼)も多く、

若く、美しい女子に囲まれ、

おじさんたちはおじさんたち同士でコソコソ固まって運動するのでした。

終了後、軽い身体の疲労がとても快適です。

帰宅して、遅い夕食を食べた後、

猛烈な眠気が襲い、熟睡しました。

なんだか姿勢がよくなったみたい。

やみつきになりそうです。

インストラクターのたかちゃ先生!

モデルの草先生!

どうもありがとうございます。

今後もご指導よろしくね♪

Kc3g0057_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢を見た

2010年3月18日(木)

夢を見ました

リアルな夢

ある展示会場のブース

色とりどりの円柱状のモノが一面に陳列

ちょうど250mlのアルミ缶を一回り大きくしたくらいのもので

上下の部分にはフイルムシールが張ってある

これは何かというと、

携帯シャワー

いつでも、どこでも気軽に

上のシールをはがし、ぺたっと天井や木の枝などに貼り付け

その後に、下のシールをはがすと

圧縮された(と思う)水が勢いよく出てくる

展示会には、様々な種類のものがあり、

ミスト状のタイプがあったり、

ドライタイプがあったり(何だ?)

様々な香り付きのもの(ミント・ココナッツ?)などなど

うーん、ナルホド

これはいいぞ、なんて思っていたら、

夢から覚めました

世紀の大発明かも!とコーフンして思わずメモしちゃいました

しかし、時が経つに連れて、現実に・・

誰か作ってくださぁい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日米トイレ比較

2010年3月16日(火)

早いもので、今日帰国します

で、どうでもいい話ですが

今回かなりお世話になった(苦笑)

トイレについて

日本とアメリカの違いについて

まず、ウォシュレットが全然ない事

これは、慣れてしまった身にとっては、かなりストレスになりました

あとは「大」のスペース

下の部分が大幅に空いています。

Cimg2913

用を足していると、となりに巨大なスニー カーが見えたりして

ごそごそしているのがよく見え、

かなり気になりました

Cimg2916_2

あと、やはりなぁと思ったのは

便座も、朝顔も、位置が高い

思わずつま先立ちです

Cimg2914 

Cimg2915

感心したこと

まず必ずといっていいほど、ペーパータオルがついています

空港も、レストランも、ショッピングセンターも

サンタモニカの公衆トイレにもついてありました

ドライヤーは確か1箇所くらいしか発見出来ませんでした

資源の無駄使いといえば、それまでかもしれませんが、

避けられない習慣なんでしょう

それから、細かいところ

液体石鹸が、ジェル状です

日本のさらっとしたものはありませんでした

だから、自然と、念入りに手を洗う事になりますね

Cimg2875

最後におまけ

ハリウッドのチャイニーズシアター内のトイレに貼ってあった

ステッカーです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

健康博覧会で食べすぎた!

2010年3月15日(月)

昨日ははアナハイムの健康博覧会「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ」

に行きました

世界最大級の健康食品展示会です

ブース数だけでもなんと6000

会場内歩き回っても、丸一日かかります

Cimg2895

出展社は、全米のみならず、全世界

Cimg2896_2

なぜか鳥居があります

キノコを扱う、日本の業者

Cimg2897

日本の展示会と違うのは、ともかく

ディスプレイに趣向を凝らしている事

ともかく、派手です

Cimg2898

あまりにも色遣いが綺麗だったから、写真とったら、

「no、picture!」と真ん中やや右の女性スタッフから

怒られちゃいました

Cimg2908

一日の戦利品の一部

無料サンプルを試食、そしてこのように大量に

各ブースからゲット出来ます

ピザ、ドリンク類、アイスクリーム、ヨーグルト、ナッツ、クッキーなど

昼食はまったくいりません

Cimg2904

満腹になって、笑顔での記念写真の図

「食」の世界は奥深いですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工場見学での惨劇・・

2010年3月14日(日)

昨日の続き

ヘビーな二日酔い

集合時間に多少遅れて、皆の白い眼にゴメンナサイ

バスに乗ります

今日は、健康食品で業務提携を結んでいる

サプリメント会社の工場見学です

フリーウエイで、30分くらい

皆さん、車内でも楽しそう

私は車内で戻しそう

工場に着きました

そのままバスの車内で寝かして、と頼みますが

移動のため、駄目で、下車します

そのままトイレに直行

便器を抱えます

おまけに下腹部も、痛んできました

頭は割れ鐘状態

お腹はこの世の、気持ち悪さを

すべてまとめて入れられたくらいの気持ち悪さです

油汗がでてきます

便器に座ったまま、頭をかかえたり、

何故か足首をつかんだりします

軽い貧血状態で、気がつけば、トイレの床に

横たわっていました

無菌が不可欠な、工場ですから、トイレの中も

非常に綺麗ではあったのですが・・・

生まれてはじめて、トイレで寝ました

結局工場滞在の大半の時間を私のみがトイレですごし、

バスは次の目的地のレストランへと向かったのでした

昼食はパスします

カリフォルニアの、青空と燦々太陽のぬくもりが、次第に

元気にしてくれたのでしょう

次の目的地、ファーマーズ・マーケットに着きました

観光客も、地元の人も訪れる巨大なショッピングモールです

Cimg2886

こんな感じの、市場が延々と続いています

Cimg2887

なんとモール内に、電車が走っていました

無料です

Cimg2888

買い物も、非常に安く買え、満足して

ホテルへと帰ります

バスの中から、ダウンタウンの手前で

変なものを発見

一瞬二日酔いの幻覚かと思いましたが

自動車ディーラーの呼び込み着ぐるみ鳥でした

腰をふり、手をふり、愛嬌をふりまいていましたが

周りに客はだれもいず

哀愁がそこはかとなく漂っているのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リトルトーキョーでもやらかしてしまいました♪

2010年3月13日(土)

今、ロサンゼルスにいます

時間は12日の夜21時30分

会社の研修旅行で、少人数ながらも、会員さんを招待です

初日は観光

まずは、サンタモニカビーチ

Cimg2869 

青空が、とても綺麗

空気は乾燥しています

そしてハリウッドハイランドへ

Cimg2873

タワーの右上に見える山の中腹に、例の

HOLLYWOODの文字が小さく写ってます

Cimg2877   

アカデミー賞で有名な、チャイニーズシアター近辺

Cimg2880

そして、夕食は、リトルトーキョーの中にある

「まこ寿司」です

Cimg2884

大将と英語バリバリのおかみさんです

新婚です

ここは、おすすめです

ともかく、ネタが最高

まぐろも、ほたても、あなごも

アメリカ、カナダの豊かな食材を大将の目利きで

仕入れ、食べさせてくれます

初日から、幸せな気分になります

で、接客する立場も曖昧となり、

ビールから危険な香りのする日本酒「八海山」に切り替わり、

クイクイとすすみます

楽しい会話

美味しい寿司

美味しい日本酒

・・・・・

気がついたら、次の日の朝でした

集合時間は9時20分

おきたのは8時45分

さあ、どうする?

以下次号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーツケース大変

2010年3月10日(水)

明日からロサンゼルス研修旅行です。

4泊6日の旅程で、アナハイムでの健康博覧会見学や、

流通視察などがあります。

気がつけば、まだ旅行の準備してなかった(汗)

大急ぎで、帰宅し、スーツケースを奥の棚からえいやっと

取り出します。

ふたを開けて、さあ、荷作りと思った、その瞬間

「うわっ」

スーツケースの中から、ぬいぐるみたちが飛び出してきました。

自分「一体なんでスーツケースの中にこんなにぬいぐるみがあるんだ?」

配偶者(山の神)「だって仕舞っておくスペースがなかったんだもん」

自「もうてっきり捨てたのかと思ってたよ」

山「ひとつひとつに思い出があるの!捨てたら可哀想でしょうが!」

山「卓上テーブル空けといたから、その上に並べておいてちょうだい」

自「ハイハイ・・」

海外出張の準備は、まずぬいぐるみ君たちを並べる作業から

始まったのでありました。

Cimg2867

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡ケンミンショー

2010年3月8日(月)

福岡市内で、タクシーに乗ったときの事

その日がぽかぽか陽気

しかし、ラジオの天気予報では、明日からまた気温が下降し、

週明けには雪も、との内容でした。

私「いやーまた寒くなりそうですねぇ」

タクシーの運転手さん「本当ですよね、体調崩す方が増えますよね」

私「コートも春用と冬用両方を着たり着なかったりで忙しいですね」

タ「イヤーもう大概の方は 冬物はナオシてるんじゃないですかねー」

その瞬間、九州に住んでいた、数十年前の記憶が鮮やかによみがえります。

九州全般の方言?

なおす→片付ける、しまう  の意味

この言葉、現地の方には、方言という認識は

全くありません。

大学進学で、東京に出てきて、

何気なく片付ける意味で、なおす、と発言したとき、

怪訝そうな表情で、

「どこを直すの?」

と言われたものです。

あれから、数十年。

気がつけば、すべて標準語。

その中で

懐かしい言葉を久々に聞きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイレンスカー

2010年3月7日(日)

出張で広島県の福山から博多まで、新幹線で移動しました。

JR西日本独自の新幹線「レールスターひかり」

指定席は、席がグリーン車なみのゆったりとした座席で、

「のぞみ」よりも若干ですが安く乗れる事もあり、

いつも満席に近い、人気列車です。

福山駅のみどりの窓口で、自分の前の人が

「今度のひかり、サイレンスカーで」

と言っているのを聞き、

なんだそれ?と思ったので、早速自分の順番が来た時に

駅員氏に聞きます。

「静かな室内空間を、と言う事で、車内放送がかからない車両の事です」

なるほど

早速その車両を指定します

電車に乗り込むと、さすがに車内はビジネスマンのひとり乗車が多く

静かです

頻繁に通る車内販売も、サイレント状態で、通ります

これはいい、

仕事、読書に集中できる!と

パソコンを広げます

が・・・

数分後、睡魔が春の泥のように襲ってきました

気がつけば、終点博多です。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反復のチカラ

2010年3月2日(火)

最近思うこと

繰り返し反復のパワーはすごい

トライして、失敗して

また挑戦して、失敗して

あきらめずに、反復して

反復して

気がつけば、うまくいっている

池谷裕二さんの脳科学の本に書いてあった

顕在意識から、潜在意識へ

知識記憶から、方法記憶へ

その秘訣は、「繰り返し反復」

例えば、一冊の本を完全にマスターしようとします

まず一度読みます

精読に近く、出来るだけ書き込んだり、傍線引いたりします

読み終わったら、すぐにもう一度読みます

二度目なので、比較的一回目よりは、早く読めます

そして、読み終わってから一週間あけて、三度目の読み

そして読み終わってさらに二週間後、

四度目の読みをします

これでかなり内容はマスターしているはず

そしてこれが一番重要

アウトプット

誰かに、その内容について、話す事です

うまく相手に伝わりますか?

もしあやふやな部分があれば、

その部分をふたたび反復

やってみて下さい

ビックリしますよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モダンタイムスもどき

2010年3月1日(月)

3月です

社内でも、新たにシステムをリニューアルし、

会員登録や、注文書など、書類関連の大幅な改訂を行っています

で、今回は、新たに刷り上ってきた書類をまとめて、

会員さんに送付する作業をしています

が・・

数千件あり、作業が間に合いません

皆で、作業に取り組みます

わたくしも、手伝います

透明のビニール用紙に、まとまった資料を黙々と入れます

延々と、単純作業が続きます

最初は、軽口叩き合っていた社員も

次第に無口に

まるでベルトコンベアーに向かって作業するようです

全然終わりません

作業中にも携帯には電話がどんどん入ってきます

肩首にのせて、電話しながら作業していたら、

間違った入れ方をしてしまい、社員から怒られます

「す・すみませんsweat01

昼食時間はぐったりです

また昼から、再開

実は今、サボりでこれを書いております

あ、いけないマナコが三角になった社員が近づいてきた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »