« ふくぶくろを買いに | トップページ | 鎌倉で初詣はしご »

福袋の思い出

2010年1月3日(日)

昨日の福袋で百貨店に行き、買い物をしました。

とても懐かしく、昔のことを思い出していました。

横浜駅東口の〇〇〇百貨店を卒業して、もう10年になろうとしています。

最初のころの、プロパー価格からのプライスダウンセールは、

2月に入ってからだったと記憶しています。

それが、どんどん前倒しになり、

つい数年前からは、年明けとともに、バーゲンスタートです。

さぞかし、準備は大変でしょうね。

福袋ともろにバッティングですから。

福袋といえば、まだ勤務中のころ。

あの百貨店福袋の目玉でもある、一般福袋。

10月ころから、各商品課は、福袋の内容を吟味し始めます。

販売促進担当からは、各商品課に対して、

細かく指定があります。

例えば、婦人服の場合は、

3,000円相当のトレーナーを300枚

5,000円相当のセーターを300枚

7,000円相当の獣毛混セーターを150枚

などです。

メーカーさんと交渉して、サンプルを買い取ります。

そして、店長をはじめとする、お偉いさん達に対し、

各サンプルのプレゼンテーションを行うのです。

セーター、雑貨、家庭用品、食品、寝具、などなど、あらゆる百貨。

シビアな意見が飛び交います。

「こんなペラペラのセーターじゃ、だめだな」

「このマフラー、いかにも売れ残りじゃないか!」

「はい、〇〇課は全部やり直し!」

「よし、△△課は、これと、この一群は良し、あとはもう少し質感上げた商材で」

商品担当者は、青くなったり、赤くなったりして

メーカーさんと相談したり、商品課長とヒソヒソ話をしたり。

正直なところ、売れ残りや、バッタ物を入れるところもあったようです。

でも、お客さまは、とてもシビアです。

内容がその年、良くなかったら、クレームが殺到します。

そればかりか、多数の物言わぬお客様。これが一番怖い。

来年以降、絶対に買わなくなるからです。

なので、商品の内容は、必然的に、少しずつ良くしていく努力を求められます。

利益は、少なくとも一般福袋では、出ないはずです。

なので、前年よりも数を減らしたり、

3日間のところを2日間にしてみたりして、微調整します。

あるいは、最近の傾向として、中身の分かる福袋。

婦人と紳士、子供服、スポーツウエア。

サイズ別にもなっており、しかもコーディネートされていますから、

ものぐさ君には、ピッタリですね。

狙い目は、やはり初日、開店時間狙い。

バーゲン初日とまったく同じ理屈です。

内容、鮮度、目玉品など、全然違います。

ただ、あたりまえですが、同じ事を考える方は多く、

延々と行列を作り、時間を費やし、

待つ、という忍耐が生じる事も、確かですね。

|

« ふくぶくろを買いに | トップページ | 鎌倉で初詣はしご »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195501/32839971

この記事へのトラックバック一覧です: 福袋の思い出:

« ふくぶくろを買いに | トップページ | 鎌倉で初詣はしご »