« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

コリアンストリート大久保

2009年6月28日(日)

昨日は勉強会。

あのコリアンタウン、大久保です。

当然、終了後の食事は、韓国料理、ということで、

行ってきました。

「チャンナム家」

新宿区百人町1-3-3サンライズ新宿C 1F

03-3205-9233

090627_180601豚焼肉。サンチェ(レタス)たっぷりに

炒めたにんにく、ゴマ、ネギ、キムチ、白菜、シソ、

辛味噌とごま油塩のタレでいただきます。

「ヒトクチデ、タベテネ」と、店のオモニ。

090627_175701 海鮮チヂミ。

小海老、イカ、タコ、ニラ、キムチ

あっさりしていて、ぱりぱりで

とても美味しい!

090627_180401オモニおすすめ。

焼き豚をベースに、

海鮮キムチ(カキ、イカ、タコ、ネギ、白菜キムチ)

やはりこれもサンチェを巻いて、がぶっと食べます。

面白いのは、突き出しの種類の多さ!

白菜キムチ2種、大根キムチ、ゼンマイ、ワカメ酢、

豆もやし、レンコンきんぴら

が小皿にずらりと並びます。

もうこれだけで、4人で超満腹!

土曜の夜でしたので、予約して大正解でした。

かなり断られてましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラベンダー三昧

2009年6月27日(土)

私の住んでいる横浜市金沢区の

東京湾が一望に見える丘の上に

ラベンダー畑があります。

市民農園の一角にある

個人で栽培していらっしゃる小さな小さな畑です。

毎年今のシーズンになると

山の神(配偶者)はそわそわしはじめます。

そして、ラベンダー畑から連絡をいただくと、

いそいそとラベンダー畑通いが始まります。

090627_093201_3 袋に詰めて、入浴剤。

安眠、鎮静、整肌効果があるとされています。

090627_093301_3 これは茶にあらず。

ラベンダーの茎です。

090627_092901_3乾燥させます。

すぐれた消臭、

脱臭効果あり。

袋に入れ、

靴に使ったり、

部屋のにおい消しなど効果的です。

昨年あたりから、温暖化の影響なのか、今までになかったことに

ラベンダーや他のハーブ類に虫がついているのを見かけるように

なったそうです。

市販のドライフラワーには防虫剤が使われているそうですね。

当園では無農薬でいきますよ、とキッパリ。

当然使う側も、

・新鮮な状態で使い切る

・よく乾燥させて保存する

ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刃物こわい

2009年6月26日(金)

何を隠そう、刃物恐怖症です。

特に細くて、とんがったものはダメです。

カッターナイフだめ。

かみそりだめ。(だから床屋さんでは完璧にまな板の鯉状態)

包丁だめ。

・・・書いているだけで、変な汗が出てきました。(汗)

だから、ニュースなどで、リストカットとか、

カッターで無差別に人を襲った、

などの話を聞くと、卒倒しそうになります。

いつごろからこうなったのか、考えるのですが、

歳を重ねるごとに、重くなるようです。

この間、福岡で、ある人と話す機会がありました。

何でも、スピリチュアル系の独特の雰囲気を持った方で、

聞いてみると、やはり前世が見える、という

特殊技能(?)をもった方でした。

その先生に半信半疑ながら聞いてみました。

私「先生、私の前世はどんな人生を送ったのでしょうか?」

先「前世は下等動物でした」

私「・・あ、(なぜかうろたえる)いや、その前の、

何か人間で、印象的なものは見えますか?」

先「ヨーロッパ、中部あたりでの貴族でした」

私「(へー)で、どんな人生を送ったのですか?」

先「最後は牢屋のようなものに入れられて、その中で

刺されて死んでます。」

私「・・そ その前は何か見えますか?」

先「やはり暗殺という形で、刃物に刺されて

死んでいます。」

私「・・やれやれ」

おそるべし、前生の記憶。

それにしても、下等動物って

一体何だったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじさんのくしゃみはなぜうるさいのか?

2009年6月24日(水)

正確に記すと、

「一部のおじさんのくしゃみはなぜうるさいのか?」

です。

いつも不思議に感じてます。

電車の中。

会社の中。

本屋さんの中。

喫茶店の中。

公衆トイレの中。

目の前でやられた日にゃ、飛び上がるほど

びっくりしたりします。

もちろん、私も立派なおじさんです。

うちの会社には、おじさんは計4名おりますが、

システム担当のS部長以外は、上品くしゃみです。

どうやら、タイプがあるらしいですね。

①自己顕示欲が強い。(潜在的)

 自己主張をくしゃみで?

②なぜか無意識で出す前に深呼吸する癖がある。

③ストレス発散の為。

④確信犯。周りをびっくりさせて、その反応を楽しむ。

 弊社S部長がまさにこれ。

ところで話は ずれますが、

関西地区では、くしゃみしたあとに

何か必ずつっこみを自ら入れるそうですね♪

ケンミンショーでやってました。

素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑門来福

2009年6月23日(火)

よく笑う人はなぜ健康なのか (日経プレミアシリーズ)

・笑いには免疫効果がある。
 ナチュラル・キラー細胞(NK)が増えて、

 正常でない細胞(つまりガンなど)を破壊する。

・脳を活性化する。
 リラックス出来、こころが癒される。

・笑いは「体内ジョギング」といわれる。
 100回の笑いは15分間のエアロバイクと
 同じ運動量という。
 腹式呼吸になり、循環器系の健康を保持する。

・また、喜怒哀楽によって流す涙には、
 笑いと同じく、こころと体を活性化する
 健康効果がある。

・笑いによって、脳の中でも特に、感情、 

 記憶、本能を司る旧脳や大脳辺縁系が活性化する。

 すなわち笑いには、生きる
 ための根本的な脳を元気にする力がある

・笑顔をつくると脳が楽しくなり、体も
 楽になる、このことを「笑いのフィード
 バック効果」と呼ぶ。
 ということは、たとえ作り笑いであっても、

 脳はだまされ楽しい気分になる。

・苦しい状況に立たされた時にこそ、
 笑いの本当の力が発揮される。
  
 笑いは地球上で唯一、
 悩み苦しむ生き物である人間に
 与えられた「贈り物」と言える。
 

よく笑う人はなぜ健康なのか (日経プレミアシリーズ)

著者:伊藤 一輔

よく笑う人はなぜ健康なのか (日経プレミアシリーズ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先に食べちゃった

2009年6月22日(月)

昨日の続き。

10名強の参加の皆さんとひとつのテーブルを囲み、
美味しそうな料理が次々と運ばれていきます。

全員に料理がいきわたるまで待つのが
マナーとの事。

ところがおなかの空いた私なんぞは、
目の前に出てきた瞬間につい食べてしまいます。

やんわりと先生から注意がとびます。(汗)
テーブル周りの皆さんの視線が痛い・・

シャンパンから始まり、
お酒の類も、白ワイン、赤ワインと続きます。

それにしてもお昼時に飲むシャンパン、ワインはいいですねheart01
だんだんふわふわしてきました。

テーブル周りも賑やかになっていきます。
なごやかな雰囲気の中、笑い声があがるようになります。

そのとき、先生ふたたびやんわりと、それでいて、よくとおる声で
「食器はあまり音をたてないで食べてくださいね」

一同「・・・シーン」

おっといけないsweat01
今日はマナー教室だった。
と心の中であせりながら、一生懸命ナイフとフォークを使います。

・テーブルマナーには、英国式、仏式があること。全然違うんですね。

・上座、下座も、ケースバイケースであること。

・ナプキンは、ひざにかける時、四分の一くらい手前の部分を
 上側に折り返し、輪の部分を身体の前になるように
 するのが自然だそうです。

など、興味深い話が色々と聞けて、
非常に充実した時間をすごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知ってるようで実は知らない、テーブルマナー

2009年6月21日(日)

昨日、テーブルマナーの勉強会兼食事会に行ってきました。

3回準備されていて、今日は一日目、洋食編。

フレンチのレストラン、麻布台の「レスバドン」。

地図を調べて、地下鉄の神谷町から、歩きで向かいます。

いつもながら、地下鉄を降りた時、

方法感覚がまったく分からなくなり、

とんでもない方向へずんずん歩いていってしまう傾向が

私にはあります。

今回は、駅で参加者の方とお会いできたので、大丈夫でした。

今回は直接フルコースを食べながら、マナーについて学んでいきます。

乾杯の仕方は、  グラスは触れることなく、アイコンタクトで。

いつも居酒屋で、大ビールジョッキをごりごりあてながら

飲むのに慣れてしまっている身としては、少々勝手がちがいます。

基本は、相手に不快感を与えない事。

好感度アップ7つの方法をおそわりました。

1.楽しく、美味しそうに食べる事

2.その場にふさわしい会話

3.アイコンタクト 相手の目(周辺)をふんわりと見る

4.聞き上手である事

5.ゆとり、余裕のあるふるまい

6.思いやりの心を持つ事

7.つつましく一歩退く(特に女性)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

食の都!福岡

2009年6月19日(金)

長崎から、熊本を経て福岡に入りました。

福岡は、九州の中では日本海側の気候に近く、
冬場などは 久留米あたりが晴れていても、福岡に近づくと
曇ってくる事がよくあります。

だから魚介類は美味しいです。
その他、ラーメン、うどん、もつ鍋、なども色々なお店が
趣向をこらしています。

おすすめその一。

中州 「六三亭」
092-291-6313

www.bran.jp/63tei/

ふぐ、おこぜ料理で有名です。

店主の三島さんの話も面白い。

090617_225101これは「しゃこ」です。
この大きさ!
江戸前と全然質感が違います。
味は、海老とカニの中間みたいなコクの深いうまさです。

090617_231702自家製の「辛子明太子」
漬け込んでいるのを、
特別に見せてもらいました。
右に見える黒っぽいものは、
昆布です。

明太子を口に含むと、
絶妙な辛さと、
甘みを帯びたうまみがたまりません。

たきたてのごはんがあれば、
もう何にもいらない!

昆布の薄切りを添えて、酒の肴にもサイコー。
また、めんたいこスパゲッティなど、これで作ったら、
絶品ですよ♪

予約はしたほうが、いいと思います。
美味しいお酒とともに、豊かな福岡の食を
楽しんでくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長崎思案橋で考えたこと

2009年6月18日(木)

長崎。

弊社社長による講演会、初の開催地です。

私の仕事は、司会進行。

うまく会場の雰囲気をつかんで、社長のティーアップを

行い、うまくつなげていく事が必要です。

いつもなら、リピーターの方が良い雰囲気を作ってくれるのですが、

今日はどうも勝手が違います。

・男性が多い

・若い人が多い

・初参加がほとんど

さあ、司会の出番です。

いつもなら、爽やかな(?)笑顔で挨拶するのですが、

いきなり視界に、腕組みして怖い顔した男性の皆さまが

とびこんできました。

冒頭から、かみまくりです。「こ、こんばんにゃ」

頭の中が真っ白になります。(あー何話してるんだろう)

自分の表情が固まっていくのが、よくわかります。

ぼろぼろの状態で社長にバトンタッチ。

そのあとも固ーい雰囲気は続きます。

いつもだと受ける冗談も「シーン」「・・・・」

空回りです。

ついに90分間最後まで、社長のパワーをもってしても、

この雰囲気は、破れませんでした。

終了後、主催者の方含めて、反省会です。

長崎思案橋。

細い路地に丸ちょうちんが並び、

異国情緒ゆたかです。

しかし、長崎の美味しい魚介類を前にしても、

反省することしきりでした。

主催の方が、言います。

「長崎は、イメージと違い、商売の難しい土地です。

なかなか新しいものを取り入れるまで、時間がかかります。

でも、いったんこれと決めたら、長続きしますよ」

「皆今日は真剣に社長の話を聞きました。

とても感動しましたよ!」

・・・真剣だったので、恐い表情に見えたのですね。

まだまだ未熟さを痛感した、夜でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鳥栖の駅うどん

2009年6月17日(水)

佐賀県に鳥栖(とす)という駅があります。

博多から南下すると、長崎方面と、熊本、鹿児島方面へ分岐する、

交通の要衝といわれている駅です。

ここで必ず寄るのが、ホームのうどん屋さんです。

090616_125702090616_131301 丸天うどん(420円)

九州独特の、さつま揚げが

どかんとのっています。

名物のかしわ(鶏)うどんが有名。

うすい色の汁も、鶏のうまみも入り、

全部飲み干してしまう美味しさです。

昔むかし、中学生のころ、この近くに住んだことがありましたので、

とても懐かしい味です。

・・特急が入線してきました。

長崎に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州新幹線「つばめ」

2009年6月16日(火)

出張で九州です。

鹿児島から九州新幹線「つばめ」に乗って、新八代で乗り換え、

鳥栖で乗り換えで長崎を目指します。

090616_104101 これが「つばめ」号。

JR九州の電車って、ユニークなデザインが

多くて、面白いですね。

しかし、090616_104201 090616_104202 090616_104301 車内には人がいない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に「神の雫」?

2009年6月15日(月)

会社システム部のS部長からワインをもらいました。

S部長は、ワイン通で、色々な人脈を通じて闇ルートを

持っている怪しい男です。

ちなみにわたしのワイン知識は、赤と白とその中間くらいしか

知りません。要は飲めりゃいいんです。

よくラベルを見ると、1946年と記されています。

と「Sさん、有難う。うれしいなあ、

ところで、どの位するんですか?」

S「そうね、〇△◎▲・・・(よくわからないウンチクがしばらく続き、

大体30万くらいかな」

と「さ、さんじゅうまん!」

何でも訳ありで、知り合いの商社の人から特別にわけてもらった1本と言うのです。

S部長の気分が変わらないうちに、両手でワインをいただき、

高々とかかげながら、そのまま後ずさりして、

脱兎のごとく、そのまま帰宅します。

いただき物は、必ず「山の神」に献上しなければなりません。

た(自宅に帰ると森のたぬき)「Sさんからワインもらったよ!」

山「どれどれ、(ラベルをしげしげと眺めて)

1946年産って、すごいワインなのか?」

た「そう、さんじゅうまん するんだって。すぐ飲んでみようよ」

山「さ、さんじゅうまん」目が虚空を泳ぎます。

若干の間をおいて、

山「だめだめ飲んじゃ。

こんなに良い物は、ねずみ(娘高2)の

大学合格まで、とっておこう」

・・・あと2年だよ。2年。

今「さんじゅうまん」は、我が家の神棚に鎮座しています。

ちなみにこのワインが「さんじゅうまん」の価値があるかは

「神のみぞ知る」ですね。

私も山の神も、価値のわからないまま、数字でビビるのが、

なんとも小市民です。

090614_200201

分かる人は、教えてくださいね。

ジャン♪ジャン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当世高校生気質

2009年6月14日(日)

娘(ねずみ)(高2)の話。

クラスメイトのお誕生日に、皆で何か祝おうと考えた。

試験中で、放課後にどこかで会を開くのも時間がない。

しかしながら、校則では、就業時間中は外出は禁止。

そこで考えたのが、宅配ピザ。

携帯で連絡して、男子数名が決死隊で、校門の前で待機。

無事受け取って、大3枚をひとり500円出し合って、

見つかるといけないから、裏庭で皆で食べたとさ。

そういえば、バレンタインのチョコレートや、

ホワイトデーのお返し菓子も

女子が作る手作りよりは、

男子が作ってくる菓子のほうが、絶対にクオリティが高いそうです。

男子が作る?

ありえない!

と森のたぬきは愚考しますが、

そんなに異常なことでもないらしいです。

母親が手伝っているのか、独自で作っているのかは不明。

・・・時代は確実に変わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜の土、農場の夢 その2

2009年6月13日(土)

昨日の続き。

福島県矢祭町の農場の様子です。

ハウスでは、トマト、ピーマン、水菜、小松菜が、

直植えでは、さといも、さつまいも、ねぎ、にんにく、なすなどが

すくすくと育っています。

契約農家での水田も、やや5月は少雨と冷涼のため、

遅い成長らしいですが、今月からは大丈夫でしょう。

おいしさのポイントは「土つくり」です。

1枚目 イネよ、すくすく育っておくれ!

2枚目 水田の美しさ。これぞ日本。

3枚目 アスパラガス!

4枚目 そのまま生で食べてみました。

     柔らかくて、甘くて、

     もうたまりません!!

056 062

065 068

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野菜の土、農場の夢

2009年6月12日(金)

昨日、福島県矢祭町に行ってきました。

会社の農場があります。

雨上がりの晴天の中、土まみれの撮影です。

1枚目 ミニトマト「アイコ」です。次第に色づきはじめています。
2枚目 トマトの花満開
3枚目 ピーマンの苗。みずみずしいですね。
4枚目 ナスの花。
5枚目 にんにく。収穫じゃぁ!

010_9

011_5

027_4

050

054_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「観音寺」のおもてなし

2009年6月10日(水)

7日(日)香川県の観音寺市で仕事でした。
香川讃岐といえば、うどんですが、

お菓子も美味しいのですよ!

いつも講演の前にお茶うけに出してくれます。
さりげなくおいてある、おしぼりも嬉しいものです。

090607_125801_2 菓子の名は、
その名もずばり「観音寺」。

まだ全国ではおそらく知られていないと思います。
これが妙に美味しい。

「ままどおる」に似たような味わい。
どちらかというと、より和風。
090607_125901_2
 
緑茶にばっちりです。
090609_203002_2 
お遍路さんに対する、
「接待」に通じるのか?
と思われる、
四国のおもてなし精神。

ささやかですが、
毎回訪れるたびに、
人の温かさを嬉しく感じながら、

「観音寺」をぱくっ。

上品な甘さが
にっこりと幸せな気分にさせてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱血ディズニーランド魂!②

2009年6月9日(火)

加賀屋克美さん、その情熱エピソード。

まだ彼がアルバイトとしてTDLで働いていたころ、

スプラッシュマウンテンが2年後にオープンする、

という情報を耳にします。

どうしてもやりたい!

スタッフとして働きたい!

で、まだ2年も先なのに、彼がやった事は、

ビデオで工事現場を毎日通って撮る事でした。

何やってるの?という周りの声に対し、

「出来上がってからはとれないでしょう」と平然。

2年間休まずに、撮り続けたそうです。

それをもとにして、彼は6畳一間のアパートに帰ってから、

模型を作るのでした!

なんと3分の2のスペースを使ったそうです(笑)

これで彼は様々なシュミレーションを繰り返し、

構造をすっかり覚えてしまうのです!

ここまでくると、「オタク」を超えてますね!

また、ボートの試乗実験が始まった、

という情報を聞きつけます。

場所は、浜松の工場。

彼は行くわけです。新幹線に乗って。

ディズニーウエアを全身に着込んだ男が

工場敷地をうろうろ。

当然、捕まったそうです。

しかし、状況を熱く話し、その情熱にうたれた

工場の人たちは、彼に立ち入る事を許すのです。

オープニングスタッフの募集が始まった時、

定員に対し、2倍の募集が集まったそうです。

抽選となり、ドキドキの加賀屋さんに対し、

加賀屋さんだけは、抽選しなくていい、となったそうです。

満場一致で。

「だって加賀屋がこれを引いて外れたら、あいつ

死んじゃうんじゃないか」

言った以上はやらなきゃいけない。

言って行動しているから、皆が分かってくれる。

そして、応援してくれる。

彼の夢は、その後もアメリカのディズニーへ。

そして現在は「加賀屋ランド」の実現に向けて

疾走しています。

あきらめずに

コツコツと

やり続ける事!

090606_225001 大きな志。

大きな身体。

とってもホットな加賀屋さん。

懇親会席上にて。(右端の方です)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熱血ディズニーランド魂!

2009年6月8日(月)

6日(土)、中井隆栄さん主催のマスター・マインド・クラブに参加しました。

今回のゲストは加賀屋克美さん。

東京ディズニーランドでの、アルバイトからの経験からはじまって、

本場アメリカのディズニーランドでの勤務に至り、

さらに自分の夢を実現するために活動されています。

そのあふれんばかりの情熱と「夢の実現」を

熱く語ってくれました。

・TDLと他の企業の違いは何か?

→従業員(キャスト)にホスピタリティの精神が徹底されている事ですね。

→正社員もアルバイトも、「ゲストにハピネスを」という使命感を持っている事。

お客様の事、

「カスタマー」ではないんです。(消費者的な意味合いですね)

「ゲスト」と呼びます。(おもてなしのこころを持って接するから)

・加賀屋さんがTDLで働くことになったきっかけは?

→12歳の時、初めてTDLに行きました。

キャストのお兄さん、お姉さんたちが、自分たちを

子供扱いせず、一人の「ゲスト」として、接してくれたんです。

それに感激して。

・TDLで働くキャストの、最大の「敵」は何か?

→「慣れ」です。

ジャングルクルーズのあの案内人。

ハイテンションで、ゲストを楽しませる。

なんと一日に、50回も回るそうです。

さすがに、くたびれます。(そりゃそうだ)

ある時、暑い日。午後。

バックヤードで、加賀屋さんが、疲れ果てて

とぼとぼと肩を落として歩いていたら、

肩をぽん、とたたく人がいました。

ミッキーです。

声には出さず、ジェスチャーで、

頑張れよ!

とメッセージを残し、足早に去っていったそうです。

加賀屋さん、その時、はっと気づきました。

人を楽しませる事は、表も裏もない。

キャスト同士、勇気付け、励ましあう。

ゲストのいない、舞台裏。

そこにも無数のドラマがあるのですね。

(この項続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「小さなことをおろそかにしない」スケールの大きな話

2009年6月6日(土)

「オグ・マンディーノ 人生を語る」 ダイヤモンド社 

を読んでいます。

この中で感銘を受けたエピソード。

『何事にも全力投球することだ。

しかし、小さなことを黙殺したり、

いい加減に済ませると、

必ず自分の成長を妨げるような大きな問題に発展するものだ。

この人生不滅の人生のルールの格好の例が、

ニューヨーク湾リバティー島の空高くにそびえている。

もし、ニューーヨークで暇な時間が出来たら、

遊覧ヘリに乗るとよい。

そして、ヘリが自由の女神の上を旋回したら、

注意してよく見て欲しい。

頭の髪の毛が一本一本細部にわたるまで、

丹念に作られていることがわかるだろう。

彫刻家パルソルディは、女神の頭のてっぺんを見るものは

誰もいないのがわかっていながら、

その作業のために数週間も余分に費やしたのだ。

像は1886年に公開された。

1886年といえばまだ飛行機はない時代だ。

彼は、像を上から眺めるのはカモメくらいであり、

そして、わざわざ髪の毛を一本一本丹念に仕上げたりしなくても、

誰にも分からないことは承知の上だった。

にもかかわらず、この巨匠は手を抜く事をしなかったのである!』

一度行きたい、ニューヨーク♪

ますます思いが、募ってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山の神、夢で空を飛ぶ

20009年6月5日(金)

初夏です。

小鳥のさえずりが爽やかな朝。


山の神(妻・家主)、鬼のような顔をして、
朝の第一声 腰が痛いと言います。

山「夢の中で空を飛んだときに、
ちょっと腰をひねったみたいだ」

森のたぬき(私)「な・何だって?」

山「上大岡で買い物しているときに、
ある組織に追われて(どの組織だ?)
とりあえず、逃げた。

バズーカ砲のようなものをもった女性に追いかけられた。

歩道橋のつきあたりに追い詰められたので、
えいやっと
橋の上から思いっきり飛んでみた。

やはり慣れないとだめだな。
スーパーマンのようにすんなりと
飛べると思ったんだけど、
バランスとるのが難しくて・・

それで腰をひねったみたい」


た「・・・・・・」

さすが神さま

素敵な朝の会話♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠崎夜会

2009年6月4日(木)

昨晩、読書普及協会の「水曜会」に参加しました。

1ヵ月ぶりの参加です。

関西でがんばっておられる方も参加され、大いに盛り上がりました。


その中で、清水親分(店長)がしきりに言われていた事。

090603_210701

福沢諭吉の「学問のすすめ」を読んで欲しい。
今さら、と思う人もいるかもしれないが、

当時の人口が3000万人に対し、300万部も世に出た
140年前の大ベストセラーであり、

その独立の気概。
自己啓発というよりも、国民啓発。
全然古さを感じさせない発想。

うーん、なるほど。
ただ単なる、慶応義塾の宣伝文ではなかったのですね(すごい偏見sweat01

早速読みます。
ちくま新書から出ている、齋藤孝さんの訳本がわかりやすいようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年1,000冊を読破する人の書いたメルマガ

2009年6月3日(水)

おすすめです。

「ビジネスブックマラソン」土井英司

http://www.mag2.com/m/0000135008.html

2ヶ月ほど前から、友人の紹介で、読み始めてます。

毎日配信されます。
土日祝日もです。
ぼやぼやしていると、あっという間に未読の山になります。(^-^;

・内容の要点をつく、その正確さ
・今日性のある話題作の選択
・簡潔で、分かりやすい書評

記事を読み込んで、検討した上で、本を購入して読むと、
更に深く理解できます。

感謝です♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

面白いよ!「1Q84」

2009年6月2日(火)

村上春樹の「1Q84」を読んでいます。
今ちょうど上巻の半分くらい。

出だしから、ぐいぐいと引き込まれていきます。
ちょうど、「ハードボイルド・ワンダーランド」や「海辺のカフカ」と同様の
2つのエピソードが同時並行に進んでいくスタイル。

その独特のドライブ感、
毎度おなじみ、
特有の比喩には、思わずうなってしまいます。

個人的には、「青豆」のエピソードがめっちゃ面白い!
クールさと、豹変するそのギャップがたまりません!


読み出したら、止まらなくなり、
部屋で読み、
トイレで読み、
風呂で読み、
歩きながら読むという二宮金次郎状態(激古)

ついに我が家では、山の神の逆鱗にふれ、

かくれキリシタンのようにして、こっそりと読んでます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

以上、ささやかな事ながら。

2009年6月1日(月)

会社マイPCがこわれました。

急ぎ新しいものに差し替えて使用。
反応も早く、満足しているのですが、
ワードで、「とまり」と入力して、変換すると、

取引無引落不可まり
となるのです!

めんどくさいので、そのまま使っていたのですが、
敵はあざ笑うかの如く、

取引無引落不可まり

を表示していきます。

アタマにきましたので、

と  とってもすてきな
ま  まったくイカシタ
り  りっぱなとまちゃん!

と、カスタマイズしてやろうとしましたが、

ますます遅い仕事が遅くなるのでやめました・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »